新着情報

さいとう伸一メールマガジン

 Vol.342 2021.07.14 NEW

【 横浜市 もの忘れ検診 】

 横浜市の認知症高齢者の方は、2015年に約14万人となり、2025年には約20万人、実に高齢者の5人に1人の割合となることが見込まれています。
 認知症は早い気づきと対応が重要です。

 そこで、横浜市では、認知症の早期発見と早期対応を図るため、横浜市内にお住まいの65歳以上の方を対象に、もの忘れ検診(認知症の簡易検査)を無料で実施しています。
 今年度から実施医療機関は昨年度の倍になる市内168カ所となりました。

 もの忘れ検診では、認知症の疑いのある方を早期に発見し、早期の診断と治療につなげていきます。ご活用いただければ幸いです。
 横浜市ホームページ

 公明党は、2021年「認知症施策トータルビジョン -認知症の人が希望をもって暮らせる社会へー 」を政府に提言するなど、一貫してその取り組みをリードしてきました。


 ツイッター、フェイスブック、LINEも日々更新していますのでぜひご覧ください。
 ツイッター(Twitter)
 https://twitter.com/90WZD0MCQ2zW93e

 フェイスブック(Facebook)
 https://www.facebook.com/さいとう伸一-640820189384270/

 LINEの友達登録はこちら
 https://line.me/R/ti/p/@luu1995d