新着情報

さいとう伸一メールマガジン

 Vol.309 2020.11.25 NEW

 新型コロナ症に対応した横浜市の「くらし・経済対策」が昨日、発表されました。

 1.市民と医療を守る
  感染拡大防止策と医療提供体制の強化
 2.横浜経済と市民生活を守る
  経済再生に向けた企業活動の支援や困難な状況にある方々への支援の強化

 の二本柱で、総額31億円の補正予算案から構成されています。

「1.市民と医療を守る」は、
 ・休日急患診療所や夜間急病センターの診療・検査体制を強化
 ・感染症コールセンターを24時間対応に
 ・感染者が発生して休園した保育所等の再開支援や休園中の代替保育の利用料を補助
 ・特別養護老人ホーム等に新規入所する65歳以上の方へPCR検査費用を助成(2万円)

「2.横浜経済と市民生活を守る」は、
 ・横浜の観光産業、文化芸術活動の公演等の支援
 ・児童扶養手当を受給していないひとり親世帯で、家計が急変した世帯への1世帯10万円の臨時給付金を給付
 ・雇用不安、経済不安、生活不安等を抱える女性への電話相談窓口を設置

 これまで、公明党横浜市会議員団の16名の議員は、地域を歩き、生活現場の声を受け、市長への要望、議会での提案を重ねてきました。
 11月27日から始まる市会定例会で、しっかり議論し、皆様にお応えしてまいります!

 詳細は、横浜市HPをご覧ください。


 ツイッター、フェイスブック、LINEも日々更新していますのでぜひご覧ください。
 ツイッター(Twitter)
 https://twitter.com/90WZD0MCQ2zW93e

 フェイスブック(Facebook)
 https://www.facebook.com/さいとう伸一-640820189384270/

 LINEの友達登録はこちら
 https://line.me/R/ti/p/@luu1995d